2016年01月25日

和歌山国体

ごろから大切に体内にしまっておいた4個の連鎖結石を破砕する手術から帰ってきたのだが・・・TUL(Transurethral Ureterolithotripsy=ちんちんからカメラ入れて結石を直接破砕するやつ)方式で脊髄麻酔だったのでずーっとモニターが見えていた・・・すごいな10年前は衝撃波による削岩機のミニチュアでドドドッドというたびに真っ赤に出血していたが、今や緑の照準レーザーで結石をとらえ安定したら出力を上げてみるみるうちに結晶に穴が開いてゆく・・・おい新米!穴空いたのに照射を続けると向こう側の尿管に穴空くんじゃないか!と思ってたら指導医が「そこで止めてつついて方向変えて」と言うてくれた。果して横から照射を続けると程なくばらばらに砕けるではないか・・・破砕そのものでは全く出血しない。感心して株でも買おうかと「どこの機械ですか」と聞こうかと思たのだが不謹慎なので辞めておいた。破砕そのものは10分程度の作業で、破砕片はバスケットカテーテルで引っ張り出して膀胱に落とす。なんだ車のエンジンルームの奥に落ちたねじを拾う先に広がる針金のつまみの付いた道具と同じでないかと思ったりもしたのだが、意外と簡単に破砕片を引っかけて引っ張り出してくる・・・器用なものであったが怖くて初めてですか?とは聞けなかった。

手術に先立ち腰椎麻酔を1本打つのだが、1本では効かず2本目を注入した。おかげで良く効いたのは良いが、3−4時間で切れるはずの麻酔の効果が12時間も持続しやがった。次の日の明け方まで下半身は単なる重りでしかなく、一瞬大丈夫か?という不安が横切ったのであるが無事麻痺は解消した。長い時間下半身が重りの役にしかたたない状態が続き、脊髄損傷の人はこんな状態なのかと思うとその不便さに同情を禁じえなかった。

出血があって自転車にも乗れないので、自転車で(なんのこっちゃ)本屋に「日本の兵隊さんありがとう」とかなんとかいう本を買いに行ったのだがなかったので、180度転進して「すぐにわかる 戦争法=安保法制ってなに?」を買って来たのだが;余りと言えばあまりのくだらなさで20ページ読んでごみ箱に捨ててしまった。1300えん帰せ・・・・。

------

おい、返せだろう、普天間返せのかえせ。
人を帰す、金を返す。(後日追記)

2016年01月10日

ふぅーらふぅーら

marathon2016.jpgと川越までうどんを食いにとチャリンコで荒川へ出ると・・・1万人のハーフマラソン大会をやっていた。道一杯に雲霞の如く走っていてとても上流には行けないので土手の上を下流に下ると、トップの黒人選手が神風のようなスピードで戻って行ったその後ろはすいていたので下に降りた。 先頭近くの連中でも時速20kmあたりなのでチャリンコではゆっくり追い抜ける・・・何人か追い抜いた後「猫ひろし」がいた。めちゃくちゃチビであるがそれだけに結構速い。猫を追い越し、ゴール地点を過ぎてしばらく行くとさっきとは逆の川下コースのトップの谷川真理とすれ違った・・・ダントツで全く後続はいなかった。 あんなに違うものかと思って、其の後の大軍団との遭遇を予測しそこでUターンして帰ることにしたのだが、再びゴール地点では川上コースが大挙してゴールゲートのある広場に入っていった。
北京かと思うくらい人がどんどん来るので左端をしばらく徐行後、再び土手の上に上がると・・・さっきの谷川真理さん、ゴールを終えてさらに逆コースを川上に向かって参加ランナーとハイタッチしながら時速10km程度で一人逆走して居るではないか・・・さすがタレントだけあってサービス精神旺盛であると感心したのだが・・・向かってくるランナーが途切れると・・・ダッシュして次のグループに走り寄っていた・・・それも何回も・・・おいどこにそんな体力あんねん、おばちゃん。

プロはすごいで。
posted by ぐ at 16:55| Comment(0) | くーだらないはなし

2016年01月01日

正月につき

flag.jpg旗を出してみた。 町では浮いている。
旗がなくても一致できるいい国になったということかいな?
posted by ぐ at 11:31| Comment(1) | くーだらないはなし

2015年12月24日

クリスマスイブ

santa.jpgアメリカでふーらふーらしていた頃、3回クリスマスを過ごしたのだがイブのテレビの定番と言えば天気予報で現在のサンタの位置を表示すること・・・あほやであいつら、ABCもNBCもCBSみんな等しくやっていた企画だったのでずいぶん歴史が長かったのであろう・・・今でもやってるかしら? 「今ニューファンドランドの上空なのでもうすぐニューヨークに到着します、カリフォルニアの皆さんはあと3−4時間かかります。」なんて時差なんか取り入れて妙に科学的である。

ニュースの後は決まって貧困特集で、あいつらよその国に簡単に爆弾落とすくせしてクリスマスだけは急に善人になる。「ハーレムの黒人の子供のなかには普段から食べるものも食べられず、プレゼントは砂糖だよ! クリスマスにしか砂糖が食えないんだ・・・」なんて泣きながら同情している黒人のおじさんのインタビューが放映されたとき・・・こっちも情にほだされかかったのであるが・・・そのおやじさん、どう見ても体重300ポンドはある。「けっ! あほか手前の食うもん減らしてその子供にやらんかい!」

アメリカ生活の思い出の一つである。

あの天真爛漫さがかの国の強みであろうな・・・全国民がそんな感じじゃ。 すごい国である。
posted by ぐ at 21:04| Comment(0) | くーだらないはなし

2015年12月18日

58年ぶり

hakugan.jpgに飛来したハクガンがまだいたので写真した。近くによるとアヒルとどこが違うのだろうと思った。帰り道AFN(米軍放送)からクリスマスの脳天気な曲が流れていて、そういえばテキサスにいた時ハンターのおっさんから”がん”の肉をもらったのだがそいつがやけにうまかったのを思い出した。何でも上空高く飛ぶのでライフルで撃ちまくるらしいのだが・・・合法だったのかどうか???

羽をむしってスタッフを詰めてオーブンで焼くと旨いだろうな、と妄想しながら・・・明日夜明けとともにもう一度行ってみようかとも。

やめとこ、てっぽう取り上げられる。
posted by ぐ at 23:09| Comment(1) | くーだらないはなし

2015年12月17日

WASEDA'S Health Study

という研究の被験者に登録してあって、これは20年にわたって元気で長生きの秘訣を探ろうというプロジェクトで結果が出るころにはわしは生きてはおらんだろうが。

そんでもって先月第1回の測定(5年に1度)に行ったのだが、中身はアンケート調査、DNA解析を目的とした採血、身体測定、心電図や動脈硬化度測定、CTによる内脂肪量測定、潜水徐脈反応、事後の活動量計による生活消費エネルギー調査などであるが・・・最後にエルゴメーターによる持久力測定があったのだが。

チャリンコなら永久に漕げるぞと思って臨むと、体力の無い事ない事:我ながらちょっと驚いた。、検査は顔に呼気マスクをつけ1分ごとに徐々に負荷ワットを増やしてゆく一般的な奴だが、アシスタントの研究生が両側から「いっち、に、いっち、に」と声援を送ってくれる・・・それはいいのだが、なんか訛っているなと思ったらアシスタントの男女のペアは男が韓国、女が中国からの留学生であった。最初は「君たち修士課程なの?」なんて喋りながら、やつらも「そうですニダ」なんて答えながら「いっち、に、いっち、に」。ボードがあって辛さの度合いを20段階で指さしながらやるのだが、7−8分立って少々つらくなり15を指さす。その次に聞かれた時は見えはって12を指してやったら、「無理しちゃためよ」ときた。相変わらず「いっち、に、いっち、に」は続くのだが、10分を超えるともうそれはうざくてまるで「なんきん、いあんふ」「なんきん、いあんふ」と連呼されているような気がしてきた。15分近くになるともうやけくそで「いっち、に」に合わせてに日本陸軍を心の中で歌っていたのだが・・・出征、斥候、工兵、砲兵、歩兵と来たところでギブアップ・・・あえなく降参となった。吐きそうであった。

polar_a360.jpg中韓にしてやられた心を再興し再び立ち上がるためこんなものを買ってみた。単なる物欲ではないぞ。これでトレーニングして5年後に備えようと思っていたのだが・・・大きな文字のdesigned in finlandのよこっちょにmade in china・・・なんとかならんか!
posted by ぐ at 16:40| Comment(2) | くーだらないはなし

2015年12月05日

IMFが人民元

をSDRに組み入れ構成準備通貨の第3位=10.92%となったそうだが、共産党の都合でどんどん発行高を増したり、為替レートは需給にかかわらず習近平の気分次第だし、偽札は多そうだし、毛沢東はほくそ笑んどるし、気は確かかいな?? ・・・通貨危機で「人民元貸してくれぇ」と泣きつくのは中国のような気がするのだが・・・。

RMB.jpg朝日新聞は「ドル・ユーロ・ポンド・円と並ぶ主要通貨の仲間入りをして中国経済の存在感の高まりをしめす・・・」(筆者にて都合のよいところだけ抜粋)なんておっしゃっているが・・・。とにかく世界一不潔だったな30年前のこの金は・・・触った後はさすがに手を消毒してたもの、ばい菌だらけで。(当時はアルコール綿を持参していた。ホント) ちなみに一分札(1/100元)でバスに乗れた。バスに乗っても自転車だらけで歩いた方が速かったのだが・・。更にはバスにでも乗ろうものなら宿の帰って即シャワーだったで。もちろん目と口は水が入らぬように固く閉じて。 現在はとても進歩して感心するが、衛生観念は大してか変わってないかもしれない。

sankei20151202.jpg産経新聞の見出しははいいぞ! こうとしか書けんじゃろう。

この記事に政治的意図はありません・・・正直なだけ
posted by ぐ at 17:53| Comment(3) | くーだらないはなし

2015年11月16日

今日も今日とて自転車で

ふらふらと東京湾まで行った帰り、千住の下流の河川敷グラウンドで怪しげな人だかりの遭遇した。

全員高そうなカメラをもって何かを遠巻きに取り囲んでいる。その中心に目を向けると3羽の小白鳥の若鳥と思しき大型の鳥が羽を広げたり座り込んだり。20人ほどの取り巻きおじさん達は脅かさぬように、それはそれは気を使っている様子であった。近づきすぎて飛ばしてしまうとリンチが発生する雰囲気でもあった。

hakugan201511.jpg カメラを持って歩いてきた自分勝手そうなおじさんに「あれは白鳥かなんかですか?」と尋ねると、これ以上人を馬鹿にした顔はないような表情で、しかし意外と親切に、「ハ・ク・ガ・ン」と一音ずつ区切って教えてくれた。中国人と思われたのであろうか・・・。「2週間くらい前から来てるよ!知らないの?」とかいうので思わず「知るかっ!」と言いそうになったのだが自重した。足立区民は(勝手に決めつけているのだが)あんな物言いかとも思った。それでも「東京に現れたのは1957年以来だ」とも教えられたので、瞬間的に足立区民(勝手に決めつけてる)は案外物知りなんだ、と妙な納得感もあった。

---東京新聞11月5日の記事---

足立区の荒川で3日、仲良く飛ぶハクガン。草の葉を採食しては一休み。10月中旬に5羽が目撃され、下旬から幼鳥3羽に。山階鳥類研究所の茂田良光さんは「東京湾周辺では1957年12月から翌年3月まで越冬して以来。幼鳥3羽一緒も国内では珍しい」と話す。
 北海道や東北以外ではまれな冬鳥。茂田さんは「近年、繁殖個体数が増加。今後は渡来の記録が増えていく」と予想する。全長67センチ。

---引用終わり---


明日吹き矢持って改めて見に行ってやろうか・・・・
絶滅危惧種らしいが。
posted by ぐ at 22:04| Comment(1) | くーだらないはなし

2015年11月13日

すいません、笑いが止まりません!!

道路の側溝に潜み、スカート内のぞき見 容疑で男逮捕
神戸新聞NEXT 11月9日(月)12時46分配信

側溝に潜んで、上を歩く女性のスカート内をのぞき見ようとしたとして、兵庫県警生活安全特捜隊と東灘署は9日、県迷惑防止条例違反の疑いで、神戸市東灘区の会社員の男(28)を逮捕した。
 逮捕容疑は、8月16日午前7時50分ごろ、同市東灘区岡本1で、道路脇の側溝の中から、女性(37)のスカート内をのぞこうとした疑い。
 同署によると、道路脇にある側溝は、幅約55センチメートル、深さ約60センチメートル。男は格子状の鉄製のふたを外して中に入って寝転び、ふたの下から路上を歩く女性の姿を見ていたという。被害女性が、ふたから髪の毛が出ているのを不審に思って、男の姿に気付いたという。
 男は「(同日)午前3時ごろから中に入って、スカートの中を見ていました」と容疑を認めているという。

けっ警察も大変じゃのう・・・
posted by ぐ at 18:07| Comment(1) | くーだらないはなし

2015年11月05日

腐れ切った体のリハビリに

bike_red.jpgチャリンコ買って3年弱経つが、今日帰ってきて合計するといつの間にか走行距離が30000kmに到達していた。「そのエネルギーをもっと役に立つことに使え!」という夢のない家人の罵声にもめげず、死ぬまでに地球1周分走ろうと思ったので来年の夏過ぎには目標達成になるはずであるが・・・次はなにしようか。

チャリ走しながら聞いていたラジオで「あなたの地方ではじゃんけんのことなんて言いますか?」なんて言ってたので、それは”いんじゃん”じゃと一人で答えながら、50年以上唱えたこともないいんじゃんの掛け声を思い出した。事前儀式は両掌を捻ってあわせて太陽に透かし、その隙間を見て出す手を決めてから、「でぇーすこまら・にゅーだこ・あいすくりんでホイ!」じゃ。。。どういう意味だったんだろう? にほんごかしら?
posted by ぐ at 17:10| Comment(1) | くーだらないはなし