2017年09月04日

来月パスポートが

失効するので都庁に更新申請に行ったのだが、簡単になったわい。必要なのは申請書と写真と現在の旅券だけ。おそらく住基カード情報でみんな確認できるのであろうと思う。 国民を全然信用していなかったのか、旅行費用の支払い能力を証するため銀行の残高証明を持ってこいと言っていた時代が懐かしい。 昔は1回こっきりの一時旅券も存在した(法律上は今もあるらしい)。元来移民の人が主な申請者だったのだが、”海外旅行は一生に1回”なんて人も一旅券を申請した。

old_passport.jpgテキサスにいる頃、現地でパスポートが失効するのでヒューストンの領事館で更新手続きをした。アメリカの滞在VISA が古いパスポートにあったのでこんなおかしな格好で発行された。滞在許可は1年ごとの更新であったので切り替え時にサンアントニオの移民局に行って手続きをしようとすると、官吏のおばちゃんに「貯金いくらある?」と聞かれて怪訝な気もしたが「25000ドル」と答えると、「それなら十分、毎年手続するのも大変だろうからグリーンカードにしたらどう?」といいよる。 ちょっと揺らいだのだが、その時は文部省からお金をもらっていたので即座に、「いや私は国を愛している、テキサス人がアラモで戦ったのと同様に」なんてことを言ったら・・・おばちゃん感激して涙を流していた・・・申請しておけばよかったかな?  ちなみに”国を愛している”の部分は”国から送金されている”というのを何といえばよいのか思いつかなかっただけである。 おばちゃんは地元の人間だったのであろう。

old_passport2.jpg昔のパスポートにはこんなことが書かれていた。 「この旅券はすべての国において有効です、但し北朝鮮を除く(外務省)」 左寄りのわしは不満であったが・・・・拉致されていたな、国に助けられた気がする。
posted by ぐ at 22:01| Comment(0) | くーだらないはなし

2017年08月06日

昨日は板橋花火大会

だったのだが、意外と盛大で昨年の来場者数は52万人だったそうだ。 荒川河川敷で行われるのだが10日ほど前から準備していたのは”なるほど何十万人も来るのかぁ”と後で納得したわけだが、4人掛けのテーブル席は4人で28000円と見物料が高価である。

さて翌朝片づけ作業が始まる前の現場を通りかかると、あちこちにえげつない程の大量のごみの山・・・50万人も来るとすごいものだなと思ったわけだが・・・

2017itabashi_hanabi_nextday.jpgもっとすごいことに気が付いたぞ。

ゴミの山以外の場所にはチリ一つ、たばこの吸い殻1本落ちていない・・・ホントに落ちてないのじゃ。

この気合で軍隊作れば・・・強いでぇ。
posted by ぐ at 17:10| Comment(0) | くーだらないはなし

2017年07月18日

朝から良く晴れて

dogrun-cloud.jpg昨日までの猛暑も和らぎワンちゃんのような雲も出ていい1日だと思っていたのだが・・・




雹が降ってきやがった、細長いい雹というのは初めて見たのだが梅雨も終わるということであろうか。 テキサスにいたとき天気予報でテニスボールサイズの雹が降るというので車を慌てて農場の納屋に入れてもらったことがあるが、あの分厚い鉄板のアメ車のボンネットや屋根がボコボコになっていたのを見たことを思い起こした一時であった。


これから毎日暑いぞ。
posted by ぐ at 20:49| Comment(0) | くーだらないはなし

2017年07月12日

大学出てしばらくしたころ

友人たちとアルバイト感覚でアメリカ製品の代行輸入業を始めたことがある。わしは別のことがしたくてすぐ抜けてしまったのであるが、シアーズのカタログの注文を1件いくらで代行するようなことが基本で、注文からお客のところへ商品が届くまで早くても1か月かかった。重量物は船便なので2か月くらい・・・

おとといの夜の23:00ころペンシルバニアの会社に自転車のステム(フレームとハンドルをつなぐ継手)を注文した。 サイト内のフォームに住所や氏名を入力し、決済はペイパル。所要時間は3分であった。 10分もするとペンシルバニアから「DHLで出したよぉー」とメールが来ていた。(気が付いたのは翌朝であるが)

dhl20170712.jpg果たして・・・もう来たぞ。 なんじゃこりゃアマゾンと一緒じゃないかい。注文後45時間でアメリカ合衆国から決済終了、品物到着である。消費税も手数料は徴収されるがDHLが立替納税してくれていま自転車に組み込んで明日試運転できる・・・アメリカからの輸入品が月曜注文が木曜使用開始ということか。どうなっとるんじゃこの世の中は、これでは小売業はやってられないな。

それにしてもアメリカ人がこんなにまじめに働くとは思わなんだ・・・北部だからかな? テキサスやオクラホマならありえへんわ。
posted by ぐ at 21:43| Comment(1) | くーだらないはなし

2017年06月11日

日本一の保守政党

jodan01.jpgの選挙ビラが郵便受けに入っていたが・・・やけにどこかに似ていると思った。

昭和初期のプロレタリア美術研究所時代から何も感覚は変わっていないな。さすがに保守政党である、わしの子供のころと同じこと言ってるもの。

*政治的意図はございません。ご忖度ください。
posted by ぐ at 09:31| Comment(0) | くーだらないはなし

2017年06月01日

縁あって

2週連続北海道に行ったのだが、10日間の間に虫が一気に湧き、ラベンダーは咲きそろい、セミ時雨の白樺林ということになっていた。(エゾハルゼミというやつらしい) 北国の春は一気に時間が進むようである。

(エゾハルゼミ)

今回の滞在は旭川の北の和寒町であったが、50年前12000人いた人口が現在では3600人になってしまっているそうである。 中国人はいなかったのだが、これはこれで問題が大きいであろうな。
posted by ぐ at 22:31| Comment(2) | くーだらないはなし

2017年05月21日

ニセコ

に行ったのだが時間をもらえたのでチャリで羊蹄山を一周したのだけど・・・地図で見ると50q程度の周回で大したことないわいと思い知人よりMTBをお借りしてでかけると、なんじゃい北海道のくせして上ったり下りたり、はたまた登ったり下りたり・・・聞いてた話と全く違った。 1000m以上登ってしまった。

yoteimt..jpg道は常時蝦夷富士を左手にみていれば迷うことはない。 途中で「歌う細川たかし像」を拝んでひたすらクランクを回し、予定の3時間が5時間近くかかって麓を一周してニセコ駅に再び近づくと、なんじゃこりゃ。人口5000人の町にインターナショナルスクールがあるではないかい。 なんとなくやな感じがしてスキーゲレンデにある宿舎までの最後の5qを登っている途中にきれいな別荘が建っていて:

そこでは平日にもかかわらず裕福そうな夫婦と思しき二人が庭を耕して畑を作っていた。 わーわーはしゃぎながら土を耕す会話が道路まで聞こえてきたのであるが・・・中国語であった。そこから1qほど登ったところの別荘の前で会話するお隣同士・・・中国語であった。 さらに2q登ったお土産屋がある駐車場、自販機で飲料を仕入れようと立ち寄ると数十人のお客さんたち・・・中国語であった。

そのうち龍門が建つなあの町は。
posted by ぐ at 21:29| Comment(1) | くーだらないはなし

2017年04月10日

今日は午後から

ESWL(体外衝撃波結石破砕)に病院に行くので軽い昼飯をと思ってモスバーガーに買い出しに行く途中、店の近くで鳩が後をついてくるではないか・・・至近距離に来たら蹴っ飛ばしてやろうと虎視眈々狙っているといつもの土鳩とは違いなんとなく上品についてくる。

pugeon201704.jpgよく見るとレース鳩の迷子ではないか。足環はJPNなので日本鳩レース協会登録バト、白色足環でKAとあるので埼玉県の鳩舎から登録されたものである。鼻瘤から見るとフランス系の雌、羽色は灰二引というやつである。子供のころに伝書バトを飼っていたのでそれくらいの調べはスマホですぐついた。こういう鳩は捕まえてレース鳩宅配サービス(日通)で送ってやるのが仁義であるので捕獲を試みた。

しゃがみ込むと10pあたりまで近寄ってきてはこちらの顔色を窺っている。トウモロコシでもあれば100%捕まえられたのであるが・・・にこにこして(役に立つんかいな?)左手でおいでおいでしながらそぉぉっと右手を差しのべてそれっとばかりに抑えにかかったのであるが・・・くーっ!と叫んで先端の風切り羽を一枚ひらりと残して舞い上がってしまった。

chimney201704.jpgあーあしくじったと思い空を見上げるとごみ焼却工場の大煙突に見慣れぬゴンドラがとりついていた。なんかの工事か作業であろうが初めて見たぞ。あんな煙突の梯子の横にレールが敷かれていてゴンドラを取り付けててっぺんまでぐぉぉぉーんという音とともに上がっていくなんて。鳩のおかげで珍しいものを見せてもらったのである。あの煙突の先に弾頭をつけてボタン一つで飛んでゆくようにすれば我が国は無敵であろうに・・・と夢見る一瞬であった。

どうか飛んできませんように・・・・・
posted by ぐ at 20:48| Comment(0) | くーだらないはなし

2017年03月14日

はねられた・・・

家に誰もいないのでチャリンコでセブンイレブンのカレーうどん(特に旨くもない)仕入れて帰る途中、普段は車道を走るのであるが、袋をぶら下げているので店前から歩道を通り押しボタン横断歩道を渡っているとき、すぐ後ろの乳母車のママが「キャァー!!!危ない!!!」と叫んだ。ぶぉぉぉぉんというエンジン音とともにはねられた・・・わしが。

bike_hitmark201703.jpg横道から反対車線の左から来る車の有無を確認しながら出てきた車であるが、当たる瞬間運転手を見るとあっち見てホイ状態であった。加速当初であったので速度は出ていなかったが、脚が当たってはまずいと思ってハンドルを車の方向に向けてぶつけて飛び上がったらボンネットに軟着陸した。スパイク付きペダルでなので足とともに自転車ごとボンネットに飛び上がることとなったのだが、車のボンネットはハンドルの端が刺さるようにすれてガリガリで大きくへこんでいたのだが、わしのチャリもバンパーの跡でしっかり傷が残っていた。カーボンだったら折れてたな・・・。後で考えれば猫のような運動神経である。ちなみに責任度合いはどう考えても0-100(裁判ではありえないらしいが)である。・・・脚は跳ね上げて無事で着地点のボンネットが柔らかかったのでどこも強打したところがないのを確認した後、この野郎ぶん殴ってやると思い自転車につけているハンドポンプを外して戦闘状態で向かっていくと;

運転の御老体が口を開けて運転席で呆然としてしてるではないか・・・「おいこういう場合はあんたが出てきて被害者の救助に当たるんじゃないかい」とやや声を荒げると、御仁は「震えて体が動きません」とぬかした。隣の細君と思しき人は目をつぶってぶつぶつ唱えている・・・

あかんこれはと思い、「運転手さんまず深呼吸してみて」と声をかけ、「肩の力を抜いてみましょう」とアドバイス。ギアをPに入れさせエンジンを切ってもらった。ようやくシートベルトが外せた運転手さんは「左の車が来ないのだけが気にかかって全然見てなかった」などとほざく・・・「あんた謝るか、こっちの体を気遣うのが先でしょう」というと「そうそうそうでした…」。 らちが明かない・・・こんなんにかかわっていられないと思い、誘導するから運転席に戻ってくださいというと「すみません」を10回ほど繰り返して運転席についた。 もう一度横断歩道のボタンを押して車両を止め、わしは車道に出て「はいオーラーオーライ」

いったい何をやっているんだろう・・・。
posted by ぐ at 19:55| Comment(3) | くーだらないはなし

2017年02月20日

こないだ餅食ったのに

もうすぐ3月ではないかい・・・。
birdflue2017.jpg今日入った足立区の食堂のガラス戸に鳥インフルエンザに関する張り紙がしてあった。とうとう東京でも鳥インフルエンザが発生しなんとなく一人前になったような気がするのだが、国立感染症研究所のQ&Aを見ると;

「これまで適切に加熱調理された家きん肉や卵を食べてH5N1に感染することを示唆する証拠はなく、適切に加熱調理された家禽肉や卵は安全です。」、「発生がある地域であっても、食品のすべての部分が70℃以上になるような通常の適切な加熱調理(肉であればピンク色の部分がないこと、卵であれば固まっていること)においてH5N1亜型の鳥インフルエンザウイルスは死滅するので、適切に調理された家禽肉は安全であること。」なんてパニックにならないよう配慮した記述があるが、ほんまかいな。それにしてはあちこちニワトリ皆殺し作戦を遂行しとるじゃないか。こんどガストの若鳥のグリル・ガーリックソースを頼むときは”ウェルダン”を指定してみるか。

アメリカの北朝鮮侵攻とインフルエンザH5N1の流行とじゃどっちが現実的なんかいな???
posted by ぐ at 22:17| Comment(0) | くーだらないはなし