2017年11月11日

【テキサス銃乱射】 「毎朝2時間射撃訓練」「すごい量」自宅周辺の住民が証言 襲撃、周到に準備か

産経ニュース  2017.11.9 22:45更新

-------------------------------------------------
ニューブラウンフェルズ(米テキサス州)=住井亨介】米南部テキサス州サザーランドスプリングズの教会で銃を乱射後に死亡したデビン・ケリー容疑者(26)が、自宅敷地内で半自動ライフルとみられる銃の射撃訓練を毎日のように行っていたことが7日、分かった。複数の近隣住民が「(射撃の)連続音が響いていた」と証言。周辺との交流も持っていなかったもようで、孤独な環境の中で襲撃を周到に準備していた可能性がさらに強まった。
 ケリー容疑者の自宅は、現場となった教会から約70キロ離れたニューブラウンフェルズにあった。
 道路を挟んで約600メートル離れたところに住むロバート・ゴンザレスさん(70)によると、ケリー容疑者は毎朝8時ごろから約2時間ほど射撃の訓練をしていたとみられ、連続したライフル銃の射撃音が周辺に響き渡っていた。
 ゴンザレスさんを含め近隣住民も自宅敷地内で日常的に射撃を訓練するが、「とにかくすごい量の銃弾を連続で撃っていた。あんなのはこの辺でも異常。誰とも交流がないので、周辺はみんな心配していた」という。
警察当局は現場の教会で、撃ち尽くされて空となった弾倉15個(約450発)を押収。ケリー容疑者が日頃から大量の弾倉を購入していた疑いも浮上している。
 ケリー容疑者の自宅建物は雑木林に囲まれて道路からはうかがえず、出入りする姿さえ周辺住民には認知されていなかったようだ。別の住民女性は「夜にも射撃の音がすることがあった。11年ここに住んでいるが、ケリー容疑者を見たことがないし、誰かが訪ねてくることもなかった。本当に恐ろしい」と身を震わせた。
 米メディアによると、ケリー容疑者は空軍に勤務していた2012年、暴行罪に問われ軍法会議で判決を待つ間に収容されていた精神科病院から脱走、当局に拘束された過去があった。当局の報告書は「(ケリー容疑者は)精神疾患を患っていた」とし、空軍の上司を殺害すると脅迫しようとしたことがあったという。
 公立学校では教師への反抗や冒涜(ぼうとく)、ドラッグなどで少なくとも7回停学処分を受けていたとされる一方で、その変容ぶりに驚く関係者もいた。
 ケリー容疑者の父の友人だという地元リポーター、デービット・ウォームキーさん(62)は「子供のころのケリー容疑者は良いやつだった。少なくともトラブルメーカーではなかった。何が彼を変えてしまったのか。何か助けてやれなかったか…」と肩を落とした。

-----------------------------------------

texas_map.jpgこれ、わしが住んでたとこのすぐそばやんけ・・・

こんなに練習するならエアライフルでもやればよかったのに、と思ったのはわしだけかな?
posted by ぐ at 15:22| Comment(0) | くーだらないはなし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。