2016年03月18日

どうやら春になったらしく

201603racoon.jpg東京ではもうすぐ桜開花が発表されそうとのことだが、土手では雉が姿を現し昼間っからタヌキがうろちょろしている。

このタヌキというやつは極東の在来種で、沖縄・台湾には生息せず、毛皮の材料のためロシア・フィンランドあたりにもっていったものが繁殖して生息していると書いてあった。 アメリカのラクーン(アライグマ)とは兄弟ではなく、ラクーンはアライグマ科、タヌキはイヌ科だそうだ。

よく見るとイヌに似ているような気がする。昔浅草でタヌキを食わされたが・・・いかんなあれは。
この記事へのコメント
こやつ奴は、ハクビシンの様です。支那人様が爆食する美味で食名は ふるーつたぬき とか。
Posted by 猟師の真似事師 at 2016年03月19日 09:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。