2016年09月21日

雨が上がったので

例によって土手をチャリンコでふぅーらふぅーらしに行ったのだが、草刈りの終わった朝霞当たりの土手に真っ白なバレーボールが転がっていた。そのまま通り過ぎたのだがどう考えても不自然であるので引き返してみると・・・やっぱし変である。

スリックタイヤなので恐る恐る土手をゆっくり降りてよく見ると、ゴムボールのお化けのような菌糸類ではないか。足でトントンしてみると反発力があり、思い切り蹴っ飛ばすと爆発しそうな感じである。

onifusube20160921.jpgこれ、オニフスベというキノコだそうで直径30p以上ある。真っ白な幼少期(成長すると茶色っぽくなるらしい)の奴は食せるらしい。2個あったが明日採取に行って誰かに食わせてみようかいな。ひょっとして今頃中国人の炒め物になってるかもしれない・・・世の中知らんことぎょーさんあるわ。