2016年02月15日

春一番が吹いて

mejiro2016.jpg今年もメジロが梅の花を目当てにやってくるようになった。なんとはなく小林一茶よろしく、食っているミカンを一つ夕刻に梅の木に縛り付けてやったのだが・・・日が暮れようとしても外がやけにギャーギャーうるさい。

mejiro2016b.jpg 不審に思って外に出てみるとバサッバサッと大きな鳥が飛び立っていった。ヒヨドリじゃ。案の定ミカンはあらかた食べつくされている・・・これでメジロはもう近づかんな。

 今日も余計なことをしてしまった・・・・・・
posted by ぐ at 22:27| Comment(0) | くーだらないはなし

2016年02月05日

あほはどこにでも

いるが・・・

-------------------
自転車に「隠しモーター」「機材ドーピング」と波紋

舗装されていないオフロードコースを走る自転車のシクロクロス世界選手権(ベルギー)に出場したベルギー人女性選手の自転車から「隠しモーター」が見つかった。ロイター通信によれば、時速で4、5キロアップが見込めるといい「機材ドーピング」として波紋が広がっている。
 度重なる薬物スキャンダルに揺れてきた国際自転車連合(UCI)は新たな疑惑発覚で調査に本腰を入れる方針だ。
 シクロクロスは欧州では伝統を誇る冬のスポーツ。問題が発覚したのは1月30日、U−23(23歳以下)のレースでファンデンドリエシュ選手は車体のトラブルで途中棄権したが、その後の車体検査で不正の疑いが持ち上がった。英BBC放送(電子版)によると、女子選手は地元テレビに「あれは私の自転車ではなく友人のものだ」と否定。チーム整備士が友人の自転車を誤ってレースに用意したと訴えている。「技術的な不正」が確認されれば、UCIの規定で選手は最低でも6カ月間の出場停止処分。(2016.2.4 13:06産経ニュース)
-------------------------

あんな細いフレームの中に電動機を入れるのは素人では無理で**ぐるみに決まっておるじゃろ。シクロクロスなら30分程度だろうに、電池が持つのであろう。

なんとなくヨーロッパ人の本質である気がする。ライフルでも射撃メガネのレンズとコンタクトを組み合わせたやつがいたぞ、ヨーロッパのオリンピアンに。
posted by ぐ at 18:13| Comment(3) | くーだらないはなし