2015年10月23日

東京防災

という大地震発生時に「こうしましょう」というマニュアルが9月に東京都から都内全所帯に送られてきた。

乾電池の単3を単1として使う方法だとか、パンストを包帯の代わりに使う方法とか、テロから身を守るとか結構内容も濃いものであるが・・・避難生活で行う体操のイラストには元気そうな兄ちゃんが四股踏んじゃってる・・・後片づけで兄ちゃんは疲労困憊してると思うんだけど。

非常時に使える英会話なんて:
Q: I am looling for my family.
A: Please visit an emergency shelter near your home and ask stuff there for information. てな調子で、和訳すると=
Q: 家族を探してます。(明らかに困っている)
A: 家の近所の避難所に行ってそこの奴に聞いてくれ。(明らかに突き放している)
こりゃ品格がない例じゃな。


bujidesu.jpg今月は練馬区役所から震災後の捜索を容易にするため「無事です」プレートが送られてきた。けが人などがいない時は玄関に掛けておけ、という看板ということらしい。これは自転車に積んで落車したとき間髪を入れず掲げるようにしよう。

災害時の遺体確認にマイナンバーがはいったアルミの認識票でも首からぶら下げるようにしてはどうだろうか?
posted by ぐ at 22:24| Comment(0) | くーだらないはなし